マツエクスクールの選び方【通信制or通学制】はどちらが良いのか?

アイスタイリストを目指したい!マツエクの勉強をしようと思った時に、多くの方がマツエクスクールを探すと思います。

特に未経験の方は、マツエクのスクールに通って様々な知識と技術を基礎から学び、プロのアイスタイリストを目指すことができます。

『通学制のマツエクスクール』が多かったのですが、最近はオンライン化が進み『通信制のマツエク通信講座』が出てきました。

「私はどっちで勉強する方が良いんだろう?」という方のために、通学制と通信制のどちらを選ぶ方が良いのか、それぞれの目的や条件に応じて、自分に合った方を選び方を解説させて頂きます。

目次

スクール選びのポイント

まずはマツエクスクールを選ぶ際のポイントです。

学生の人が通う場合とすでに社会人として働いている人が通う場合、そして主婦をされている方が通う場合とでは探す条件が異なってくるように、スクール選びと一言にいっても抑えておくべきポイントがいくつかあります。

目的から選ぶ

  • プロを目指したい
  • 自宅で開業を目指したい
  • スキルアップしたい

マツエクスクールに通う理由は人によって様々です。

子育てをしながらだと通学は難しい・・・という方は通信制のスクールを選ぶといいでしょう。

直接指導を受けたい!という方は通学コースがおすすめです。

この様に、自分の夢を叶えるために、生活のスタンスに会っているか?継続しやすいシステムなのか?ということをスクール選びのポイントにすると良いでしょう。

自宅サロンや自営業に興味のある方は、こちらも参考になると思います。

費用から選ぶ

マツエクスクールにかかる費用については目的やスクールのタイプによって大きく異なります。

通信講座であれば、1回の授業が5,000円〜10,000円の範囲で受講ですむものもあります。

通学タイプでしっかり講師から直接学びプロを目指し認定証取得までの目的の場合は60万円以上かかることもあります。

技術取得にかかる費用はもちろん、入学金・教材費・アフターサービスの内容などを精査する必要があるといえます。

時間・スケジュールから選ぶ

  • 卒業までにかかる時間は?
  • 授業を受ける時間は選べる?固定?

スクールに通うにあたり、来年のサロン就職に間に合わせたい、マツエクサロンへの転職ができる期間を見通しつけたいなど、ある程度の期間を設けて選ぶ方も多いはずです。

スクールによって卒業までの授業時間が異なったり、受講タイプもカリキュラムや時間割が決まっているタイプや、空いた時間・隙間時間を利用して受講できるタイプなど、スクールによって異なってきます。

ある程度時間に余裕のある方は、時間割が決まっているタイプの通学制を選んでもいいかもしれないですし、仕事をしている・子育てをしていることで時間に限られている方は空き時間を利用して学べる通信講座がおすすめになります。

その他の選ぶポイント

  • 講師はどんな人?
  • スクールの雰囲気は?
  • どこまでサポートしているの?

大まかなスクール選びのポイントはこれまで説明した『目的・費用・時間』がポイントなります。

その他にもどのような講師が教えているのか?どんな質・雰囲気のスクールなのか?卒業後に就職のサポートや独立のための勉強ができるのか?などスクールによって得意としているポイントがあります。

各スクールのホームページやブログなどで詳細を調べ、自分自身が目的とする内容と合致するスクールなのかチェックを行うことが大事です。

不明な点は問い合わせたり、直接見学に行ってみましょう。

通学制マツエクスクールのメリット・デメリット

通学制のスクールは、一般的な専門学校のような形式で講師と生徒が直接1対複数名、あるいはマンツーマンで指導を受けるタイプです。

前途で説明したように、決められた時間割のカリキュラムで受講します。

通学制マツエクスクールのメリット

講師から直接指導を受けることができる

これは通信講座にはない、通学最大のメリットになります。

自分のできていないところをその場で確認したり、指摘してもらうことができ、非常に早いスピードで正しい技術と知識を身につけることができます。

就職サポートが受けられる

マツエクスクールにはマツエクサロンから、卒業生を紹介して下さい、という求人が来るため独学から勉強してから自身で就活をするよりも、希望のイメージのマツエクサロンにスムーズに就職が決まりやすかったりします。

また、マツエクスクールによっては実際にマツエクサロンを経営しており、そのまま卒業後に経営しているサロンへの就職を狙える場合もあります。

マツエクの勉強仲間ができる

同じ教室で複数人の生徒が受講するマツエクスクールは仲間を作りやすい、というメリットがあります。

同じ目的をもった仲間と切磋琢磨できるのはマツエクの勉強をつづけていくなかでのモチベーションアップにもつながります。

通学制マツエクスクールのデメリット

通信講座に比べると費用が高い

スクールによって差があるものの、マツエクで即戦力になるまでには25〜50万円程度かかってしまいます。通信講座の何倍もかかる場合が多いでしょう。

通学の手間がある

実際に通学をするとなると、学校までの往復に時間とコストがかかるため、美容専門学生さんや主婦の方、働いている方には中々な負担ではないでしょうか。

フリータイム制であれば授業時間を自由に選べるので比較的楽ですが、それでもやはり仕事終わりや忙しい家事の合間に通学をするというのは、ちょっとした手間ですね。費用を少しでも抑えたい学生さんには、交通費の負担もかかってきます。

モデルを授業の時間に合わせて手配しなければならない

通学の手間について説明しましたが実はもう一つ、手間になることがあります。

学ぶ技術が進んできたら人のモデルにつける練習の時間が始まります。

その際に、授業の時間に合わせてモデルを探さなければならない手間があるのです。授業の時間と自分の時間、さらにモデルさんの時間を合わせなければならない授業がある。

通信制の講座のメリット・デメリット

通信制は、Wi-Fiの環境があれば携帯電話やタブレット、パソコンなどで受講が可能になります。

オンライン配信が主の講座があれば、空き時間や隙間時間を利用して学べるオフライン講座と生配信授業の組み合わせを提供している通信講座もあります。

全国どこにいても学ぶことのできるスクールです。

通信制の講座のメリット

費用が安い

通信講座の最大の魅力の一つに、受講費用がとてもリーズナブルという点が挙げられます。

例えば、お客様を取れるレベルの基礎技術を学ぶにあたって通学制では30〜50万円であるところを、マツエクスクールNBIでは、オンラインスクール(通信講座)は教材費込みで15万円程度で受講することができます。

自宅で受講できる

2つ目に、学校に通うことなくWi-Fiの環境がある場所や自宅で学ぶことができる!というメリットがあります。

通学するにも時間と足代が取られてしまいますし、受講できる時間が限られているため忙しい方は通学制のスクールは難しい場合もあるでしょう。

その点、通信講座は時間や場所に融通が効くため、働きながら勉強したい、家事・子育てに追われている主婦の方にもオススメです。

マイペースに勉強や練習を進めることができる

数人から大人数で授業を受ける通学制と違い、通信講座は自分のペースで進めることが大きなメリットにもなります。

特に人のモデルを探す場合にも、授業の日程を気にすることなく自分とモデルの練習可能なタイミングを合わせることができます。

モデルの横に携帯電話やタブレットなどを配置し、何度も見ながら練習ができるためじっくり取り組むことができ、短期集中で進めるも自分次第で決めることができます。

通信制の講座のデメリット

直接技術指導を受けることができない

学科や簡単な施術であればオフライン動画での講習でも全く問題ありません。

しかしマツエクの実技の中には、3Dボリュームラッシュやその他特殊な難易度の高い技術があり、そういった技術は直接講師に指導を受けるものとでは習熟度に差が生まれる可能性があります。

しかし、オンライン生配信によって目の前で技術を見ているように配信もできるようになってきたため、以前よりも改善されています。

モチベーションを維持できるかは自分次第

マツエクの勉強で最も重要なのがモチベーションを保つ事、と言われています。

仲間や講師と直接刺激し合いながら勉強に取り組める通学制のスクールに比べると、通信講座は孤独な環境になりがちのためモチベーションが下がりやすい傾向があります。

とは言っても、最近の通信講座には一緒に通信を受講中の生徒さんや講師とコミュニケーションを取れるオンラインの場も提供されたりしているため、モチベーションの向上にも工夫されている通信講座もあります。

最終的に勉強を続けられるかは自分次第なところがあります。

マツエクは技術職なので、練習した分だけスキルが上がります。

そういう意味では、一人でも黙々と練習ができる人である方が通学制にしろ、通信制にしろ上達が早いでしょう。

いかがでしたか?

通学制、通信制のどちらにもメリット・デメリットはありますが、一番は自分に合ったスクールを選ぶ事がポイントになりますね。

皆さんも自分の今の状況と学ぶ目的を考える参考にしていただければ幸いです。

STEP
【お申込みはこちら】をクリック

ガイダンス通りに進んでください。

※ お振り込みご希望の方は公式LINEにてご連絡くださいませ。直接ご案内いたします。

STEP
申し込み後に公式LINEにご連絡ください

「申込んだ旨のメッセージ」と「お名前」をお送りください。

STEP
確認完了

確認が出来ましたら、Instagramの鍵アカウントをお送りさせていただきます。 鍵アカウントをフォロー申請していただきましたら、確認して承認させていただきます。

※営業時間10~18時になりましたら、お申し込み順に対応してまいります。

STEP
教材の発送

申し込み時の登録住所へ教材を発送させていただきます 。

STEP
練習スタート

教材が到着しましたらInstagramの鍵アカウント内にございます講習動画を見ながら練習をスタートして頂きます。

練習中の疑問や質問で、投稿や動画にないものはDMでお送りください。順次InstagramLIVEや投稿で回答していきます。

※ 受講前に相談したい!もっと詳細を聞きたい場合は1人様30分の相談のお時間を設けさせていただいております。

受講にあたってよくある質問

美容師免許をこれから取得予定ですが、受講することは可能ですか?

はい、こちらは取得予定の方については受講していただくことは可能です(厚生労働省に確認済み)。 ですが、美容師免許を持たずにお金をいただいて施術を行うことはできませんのでご注意下さい。

ー美容師免許が必要な理由ー

2008年3月7日に厚生労働省から「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」が通達され、美容師免許が必須になりました。

元々美容師免許が無くてもできる美容法だったのですが、施術などでのトラブルが続出したことにより美容師免許が必須となりました。

美容師免許を取得するための学校・・・美容師免許を取るには「美容師国家試験」を受ける必要があります。

これを受けるためには美容師の養成機関(通学制もしくは通信制の美容専門学校)に2年以上通わなければいけません。

美容師免許取得のために通う専門学校では、主に「美容師」向けの知識や技術を学ぶことが多いため、まだ「アイスタイリスト」向けの知識や技術を学ぶことは少ないようです。

多くは美容師免許を取得後、アイスタイリストになるための学校に通って専門的な技術を身につける流れとなります。

美容師免許取得するためには、免許取得のための美容専門学校へ通学もしくは実際美容室に働きながら通信過程を受けて国家試験にのぞみ免許取得をする、などの方法があります。

マツエクスクール受講後の
認定証(ディプロマ)

必ず必要!という訳ではありませんが、マツエクスクール卒業後の認定書(卒業証書)があると、自宅サロンではお客様に、就職希望のサロンへの信頼につながります。ディプロマ希望の場合は、マンツーマンでの具体的な指導も入りますため別途申し込みが必要となります。マツエク基礎講、ラッシュリフト、アイブロウラミネーションそれぞれの技術でディプロマ取得のマンツーマン指導+テストをご用意しておりますので、合格しましたらディプロマの発行をさせていただきます。セミナー受講終了後、取得したディプロマをサロン内に飾りましょう。

オンラインマツエクスクールの練習

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる