自宅マツエクサロンを開業するのに必要なものとは

目次

自宅でできる仕事を探す女性が急増中

  • 最近、マツエクスクールENBIへのお問合せで、こんなお客様が増えてきました。
  • 育児中のため、時間をうまく使える働き方をしてみたいマツエクのサロンに勤めているけど、結婚や育児も見据えて独立開業を考えたい。

自宅でできる仕事を探している女性は多いと思います。

結婚で引っ越しだったり、子供できたり、両親の面倒みたり・・・

女性はやることが多いので、少しでも時間を有効に使いたいとの現れでしょうか?

では、マツエクで自宅サロンを考えたい場合、何の資格が必要なのかご説明しましょう。

マツエクサロン開業に必要な資格

それは美容師免許です!

2008年3月7日に厚生労働省から「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」が通達され、美容師免許が必須になりました。

元々美容師免許が無くてもできる美容法だったのですが、施術などでのトラブルが続出したことにより美容師免許が必須となりました。

美容師免許を取得するための学校・・・美容師免許を取るには「美容師国家試験」を受ける必要があります。

これを受けるためには美容師の養成機関(通学制もしくは通信制の美容専門学校)に2年以上通わなければいけません。

美容師免許取得のために通う専門学校では、主に「美容師」向けの知識や技術を学ぶことが多いため、まだ「アイスタイリスト」向けの知識や技術を学ぶことは少ないようです。

多くは美容師免許を取得後、アイスタイリストになるための学校に通って専門的な技術を身につける流れとなります。

まつげエクステのお仕事を行うためには、マツエクのスクールだけでなく美容師免許取得が必要ということになります。

美容師免許取得するためには、免許取得のための美容専門学校へ通学もしくは実際美容室に働きながら通信過程を受けて国家試験にのぞみ免許取得をする、などの方法があります。

現行の法律だとアイスタイリストになるためにはまず先に、美容師免許の取得が必要となるわけです

マツエクスクール受講後の認定証

必ず必要!という訳ではありませんが、マツエクスクール卒業後の認定書(卒業証書)があると、就職希望のサロンへの信頼につながります。

取得したディプロマをサロン内に飾っておくと、お客様からの安心や信用の声が増え、リピーターに繋がることも。

オンラインマツエクスクールで学び、シングルラッシュ、まつげパーマ、アイブロウラミネーションの技術を取得できましたら、ディプロマ取得希望者は別途ご用意しています、ディプロマ取得講座の受講が可能となります。

こちらでは、マンツーマンレッスン2回(まつげパーマ・アイブロウラミネーション込みの場合は4回)を行い、技術試験の合格後にディプロマ発行となります。

ディプロマ取得後はサロンに飾りましょう。

そうすることで流行のメニューを取り入れているサロン、確実にセミナーを受講して技術を提供しているという証明として、お客様への安心感を提供できます。

まとめると、必ず必要な資格は美容師免許ということですね!

はい!アイスタイリストの技術取得については、必ず必要!という資格はございませんが、卒業証書やセミナーのディプロマについては就職やお客様への信頼のために取得することがオススメです。

美容師免許

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる