人にバレないようにマツエクするのは不可能?

人にバレずにマツエクするテクとは?

マツエクのイメージ

サロンでアイスタイリストとして多くの女性と接していると、マツエクしていることを人には知られたくないと考えている女性に会うこともあります。

 

もちろん、考え方は人それぞれなのですが、マツエクのような形でまつげに手を加えて自分を変えていることを隠したいと考える女性もいます。

 

そのような女性からは「人に知られずにできますか?」と尋ねられることもあります。

 

そこで、ここでは人知れずマツエクを施術したいと考えている女性たちに向けてのアドバイスをお届けしていきます。

人に知られずに可能?

マツエクはエクステを地まつげに付けて、簡単に言えばまつげを増やす行為です。

 

そのため、増毛と同じで突然まつげのボリュームが増えれば近しい人々はそれに気づくと考えがちです。

 

だからこそ、人にバレたくないと考えている女性の中にはマツエクという選択肢を選ぶことを躊躇してしまう方もいるのです。

 

しかし、この点に関してプロの立場からお答えさせていただくと、人に気づかれずにマツエクをおこなうのは可能です。

 

なぜなら、段階を踏みながらマツエクをしていけば、たとえば家族や彼氏といった最も身近にいる方でさえ、あなたがマツエクをしたことに気づかないからです。

バレないためのテクニック

マツエクの仕上がりイメージ

具体的にどうすればマツエクしたことを周囲の人々に気づかせないで済むのかをレクチャーしたいと思います。

 

そもそも論としてマツエクは地まつげに対してエクステを付けていきますが、1度の施術で一気に要望のすべてのマツエクを済ませることも可能ですが、たとえば10本や20本だけ施術をおこない、残りは次回以降に回すということも可能です。

 

日本人女性のまつげは片目で120本ほどといわれていますが、仮に120本の地まつげがある女性が120本すべてにエクステをつければ相当なボリュームアップとなります。

 

最終的な完成形はこうしたボリューム感のあるまつげを目指したい場合でも、その作業を1度にまとめておこなえば周囲の人々には違和感が生じます。

 

そのため、最終的に120本のエクステを施術するケースであっても、初回は10本や20本だけにとどめておき、数回にわけて増やしていくのです。

 

徐々に増えていく場合、人間の目には違和感が生じません。そのため、施術を複数回にわけることで人にバレずにマツエクをして、最終的には自分の理想通りの目元を作り上げることが可能なのです。

要望をアイスタイリストに伝える

ラッシュリフトのイメージ

人に知られたくないとの思いがあってマツエクに挑戦する場合、そのことは確実にアイスタイリストに伝えておきましょう。

 

アイスタイリスト側の立場からいわせてもらうと、お客様に何度もサロンにご足労願うのは申し訳ないという思いもあって、できれば最小限で施術を済ませようと考えがちです。

 

しかし、1度にまとめて施術してしまえば、周囲に違和感を与えることとなりますので、アイスタイリストに「人に知られないようなスケジュールを組んでほしい」と伝えておく必要があるのです。

 

アイスタイリストもお客様側にそのような思いがあるとわかれば、数回にわたってサロンに来てもらうためのスケジュールを組み、初回や2回目にどのようなレベルでボリュームアップをはかっていくのがベストなのかを考えやすいです。

 

そのため、アイスタイリストにしっかり伝えた上で、人に気づかれずに最高のまつげを作り上げてください。