まつげエクステのカウンセリング

マツエク失敗談[【アイスタイリストのアドバイスを無視したら…】

アイスタイリストのアドバイスを無視して後悔?

悩む女性

マツエクをサロンで数多く施術していると、失敗して落ち込んでいる女性に遭遇することもあります。

 

お話を聞いたら、ほかのサロンでアイスタイリストのアドバイスを受けたものの、そのアドバイスを無視して自分がやりたいマツエクを押し通したそうです。

 

しかし、結果としてそれが失敗につながったと落ち込んでいたのです。

 

同じようなケースが今後も発生する可能性がありますので、これからマツエクをおこなう女性はぜひ覚えておいてほしい教訓といえます。

アドバイスはあくまでもアドバイス

日本全国どこにあるマツエクサロンであっても、お客さんである女性がサロンを訪れてこれからマツエクをしようという際には、必ずカウンセリングをおこないます。

 

女性がどんなイメージでマツエクを完成させたいと思っているのかを聞き取るためです。

 

その上でアイスタイリストがアドバイスをさせていただき、仕上がりイメージなどを提示していくという流れになります。

 

しかし!!

 

まつげエクステのカウンセリング

しかし、最終的に決めるのはお客さん自身です。

 

そのため、アイスタイリストがアドバイスをおこなうことはあっても、最終的な決断はお客さんがおこなうため、女性がアイスタイリストのアドバイスとは真逆のマツエクを「やりたい」と言われれば、アイスタイリストはそれに従うこととなります。

 

あくまでもアドバイスはアドバイスであり、お客さんの意向が最も重要なのです。

客観的な視点と主観的な視点

そもそもアイスタイリストは、お客さんの顔の輪郭やヘアスタイル、メイクやファッションなどをトータルでチェックし、その上でお客さんの要望を聞き、アドバイスをします。

 

そのため、本来なら女性自身が希望する内容とアイスタイリストが提案する仕上がりイメージは一致すると考えがちですが、やはり視点が異なるために、意見の食い違いが生じることもあるのです。

 

どういうことかといえば、アイスタイリストはお客さんを客観的に見ていて、女性自身は主観的に自分を見ています。そのため、当人が思う理想と客観的・俯瞰的に見た上で思う理想が異なる場合もあるのです。

マツエクの種類

客観的な意見がベストな場合も多い

たとえばヘアスタイルやファッションでもそうですが、自分が似合うと思っているものと他人が似合うと思うものは異なる場合がありますが、意外と自分の中のルールに縛られているだけで、客観的な目で見て決めてもらったほうが、自分にはとても似合っているということもあるのです。

 

つまり

 

マツエクの施術

つまり、マツエクサロンでアイスタイリストが提案したプランのほうが実は似合っていたということもあるのです。

 

この失敗談をお聞きした女性も、結果的にアイスタイリストの提案してくれたプランのほうがよかったと後悔していたわけです。

 

こうしたケースもありますので、アイスタイリストのアドバイスも即座に度外視するのではなく、しっかり検討をして話し合ってから、最終的な決断を下してください。