マツエク の本数はどうやって選べばいいの?

自分のなりたい理想の目元に!

マツエクによって可愛い目に生まれ変わりたいと考える際、そもそもマツエクの本数に関して知っておくことも大切です。

 

なぜなら、本数によって仕上がりイメージが大きく変わってくるからです。

 

オンラインマツエクスクールENBIのAKI
AKI
今回のブログは、マツエクの本数をどうやって決めると自分のイメージに近づけるかをお話ししていきましょう。

マツエクと地まつげの関係性

そもそも「マツエク」に関して知る上で覚えておきたいのが「地まつげ」の存在です。

 

地まつげとは、自分自身の本物のまつげのことです。

 

マツエクは地まつげを土台にして、エクステンションをそれぞれ接着していく形となります。

 

つまり!!

 

つまり、地まつげの本数がマツエクできる上限となってくるのです。

 

とにかくパッチリした目にしたいと思って片目あたり150本のまつエクを希望しても、自分のまつげが150本以下であればそれは不可能です。

 

どんなに腕のいいアイスタイリストであっても、こればかりは物理的な事情なので仕方ないのです。

 

だからこそ、理想のマツエク本数を考える上でこの上限を把握していることは重要なのです。

理想イメージと本数の選び方

地まつげの本数がマツエクできる本数の上限となるわけですが、そうはいっても自分のまつげの本数を把握している女性は少ないものです。

 

むしろ、知っている人など皆無でしょう。

 

そうなると何本ぐらいのマツエクが付けられるのかわからないものですが、日本人の女性の場合、平均的な本数は片目あたり100本といわれています。

 

そのため、両目を合わせて200本ほどになります。

 

個人差がある数値ですが、このような数字を目安として、自分のマツエクの理想的な本数を考えていきましょう。

 

ただし

 

ただし、地まつげがたくさんあるからすべての地まつげにマツエクをおこなえば良いかといえばそうでもありません。

 

すべての地まつげにマツエクをすれば相当なボリュームとなります。

 

ボリューム感ある派手な目元を望むならそれでもいいのでしょうが、ナチュラルな形で仕上げたい方などは地まつげがたくさんあってもマツエクはその半数程度がベストといえます。

 

本数に関して悩んだ際にはアイスタイリストに相談してみましょう。

シングルラッシュとボリュームラッシュ

地まつげの本数がマツエクできる本数の上限といいましたが、じつは例外もあります。

 

それが「ボリュームラッシュ」と呼ばれる技法です。

 

一般的なマツエクは1本の地まつげに対して1本のエクステンションを接着する「シングルラッシュ」ですが、それとは別に「ボリュームラッシュ」と呼ばれる技法もあるのです。

 

この技法の場合、1本の地まつげに対して複数のエクステンションを接着します。

 

そのため、地まつげが少ない女性がボリュームを出したい場合にはぜひとも目を向けておきたい技法といえます。

費用も考えながら最適な本数を選びたい

数多くあるまつエクサロンの中には付け放題プランなどを提供しているお店もありますが、一方で1本あたりの単価が決まっており、接着した本数によって費用が変わるサロンもあります。

 

後者の場合、まつエクをした本数分、金額も高額になっていきます。

 

そのため、本数に関して考える際には費用のことも考慮しておきましょう。

 

また、多数のまつエクをつけたい場合であっても最初から一気に増やしてしまうと、昨日までの目元と大きな違いが出てしまい、周囲の人々からは違和感を覚えられます。

 

そのため、まわりの人たちに気づかれたくないのであれば、何度かサロンに通って時間をかけながら徐々に本数を増やし、最終的に理想的な目元を生み出すようにしましょう