時短アイブロウワックスシートのご紹介

今やアイブロウワックスはマスク生活に欠かせなくなってきた施術メニューの一つになってきました。

お客様にとってアイブロウワックスは、簡単に変化を感じることができる、安い、などの理由から人気のメニューにもなっています。

アイブロウワックス

しかしアイブロウワックスを導入しているサロン様で起こっている課題もあるようです。

  • 施術に時間がかかる(ワックス技術)
  • 売上UPが難しい
  • コストがかかる
  • 機材が汚れていくので見栄えがよくない
  • 慌ただしい時の準備に手間がかかる
  • 敏感肌の方のワックスと熱による反応

など、上記の課題を多々耳にします。

目次

シートタイプのアイブロウワックス

こちらで紹介するワックスは、上記に記載の課題を解決に導くためのワックスです。

アイブロウワックス

左側のシートが、よくある液体ワックスをシートタイプにしたものになります。

こちらのシートタイプがどのように課題を解決するのか・・・

  • 必要分のサイズ、形にカットして貼るだけ
  • 1人分約60円分のコスト(経費削減)
  • ワックスウォーマーなどの機材は必要なし
  • カットして貼って剥がすだけなので、難しい技術は一切無し!
  • 準備は事前に必要分をカットしておくのみ
  • 熱することがないためやけどや熱さを気にすることはなくなる

最初に掲げた悩みをまとめて解消に繋がる!簡単なのにメリットだらけのワックスなのです。

ちなみに、どのぐらいの時短になるのかイメージでいうと液体ワックスで20-30分かかるのが10分程度に!

アイブロウワックスシートの使い方

こちらのワックスシートの使い方はとても簡単!以下写真でご説明します。

STEP
ワックスシートを使用するサイズにカットします

使用するサイズ、枚数をカットします(事前に量をカットしておく場合は溶ける可能性があるため温度が高くない場所に保存してください)

STEP
手のひらで3〜5回ほど擦って少し温め、ワックスを軽く溶かしましょう
アイブロウワックス使用方法

施術者の体温や環境によって擦る回数は変わります。

温めすぎると手のひらに溶け出してベタつくため、程よく温めましょう。

STEP
ワックスは2枚で1組になっています。剥がしましたら1枚ずつ必要な箇所に貼ります
アイブロウワックス
STEP
軽く擦って剥がし、ワックス終わりましたらゼロバンミスト(保湿剤)で保湿をします
アイブロウワックス使用方法
STEP
Before & After
アイブロウワックス使用方法

オプションでおでこなど範囲を広げることも可能です。

古い角質も一緒に除去されるため、お肌のトーンアップにもつながります。

ワックスシートの使い方
詳細は動画をご覧ください

WAXの使用を避けた方が良い方

  • 日焼け後のお肌、日焼けでお肌がいたんでいる場合
  • お肌が荒れていたり、過去類似脱毛メニューで荒れたりかぶれたことのある方
  • 物理的刺激に弱い方
  • 傷、腫れもの、湿疹、いぼなどの炎症がある部分
  • 体調がすぐれない方

ワックスシートのパッケージ裏側にもご使用上の注意を記載しておりますので、ご確認をお願いします。

最後に

E-IBOO™️のWAX SHEETはパッケージもおしゃれ!

ワックスウォーマーなどの機材で幅を取ることもなく、こちらのボックスをワゴンに置いておくだけでおしゃれなイメージになります。

またお試ししやすい価格ということも魅力的!お値段はなんと

¥2,640(税込)

10シート(1シート2枚組み)でアイブロウワックスですと約40名分使用可能!

1人分約60円というコストパフォーマンスです!

ちなみに・・・

私たち企業のマツエクサロンが使用している方法としては、事前にサイズ分けでカットして保管しています

暖かいとワックスの切り口から溶け出してくることがあるので、涼しいところでの保管を行なうことがポイント!

以上、アイブロウメニュー、ワックスメニューで使えるアイブロウワックスシートの購入はこちらからどうぞ。

合わせて使っていただきたいゼロバンミストのご購入はこちら。

アイブロウワックス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる