エアエク増

エアエク(髪の増毛エクステ)の施術例を知りたい!どんな症状に施術できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エアエクは、薄毛、脱毛の悩みを見た目と精神的な苦痛を解消できる増毛技術!

エアエク技術とは、溶剤や接着剤を使わず頭皮が安心の技術であり、お客様の1本の地毛に対して2本~4本のエアエクファイバー毛をエアエク技術で結びつけていきます。結び目も目立つことなく、触っても違和感がない自然な仕上がりでボリュームアップをすることができます。見た目も全く違和感がないため、自然な増毛、ボリュームアップができる、ウィッグいらずの画期的な美容法です。

脱毛や薄毛に悩む方の、精神的な苦痛と見た目を変えることのできる美容法です。それでは、どのような症例に施術が可能なのでしょうか。

1.エアエクが可能な脱毛の症例

脱毛症にも種類があり、改善の仕方もそれぞれ違ってきます。どの症状になってくるのかを理解し、頭皮の状況によって施術が可能と判断される場合にエアエクの施術の増毛を行います。

 

◎施術が可能な症状

脂漏製脱毛・・・皮脂の過剰分泌やシャンプーの成分などが毛穴につまり、参加し過酸化脂質(ケラチンリング)となり、凝固し、皮脂が毛根部を逆流して毛母細胞に付着し、代謝を妨げ脱毛する症状。

男性型脱毛・・・低年齢から発症し、男性ホルモンの異常代謝の影響を受け、毛母細胞に成長阻害因子が働き毛周期を短縮させる事により脱毛症となる。生え際からM字に後退していくものがよく知られています。

接触性皮膚炎による脱毛・・・ヘアカラーやパーマ剤、その他スタイリング剤により皮膚が炎症を起こす事による脱毛症。                              

びまん性脱毛症・・・女性の脱毛症の中で最も多い脱毛症です。びまんとは、「一面に広がる」という意味で、頭部全体の毛髪が均一に脱毛し、全体的に薄くなります。中年以降の女性に多く見られ、特に頭部の皮膚が透けて見えるようになります。原因としては、老化・ストレス・経口避妊薬(ピル)・過度のヘアケア等が挙げられています。

   

◎施術が不可能な症状

栄養不足による脱毛症・・・急激なダイエット等で栄養不足して起こる脱毛症。

薬剤性の脱毛症・・・抗がん剤や血液凝固防止剤、抗生物質の大量投与による副作用が原因の脱毛症。

◎状況により施術可能な症状

産後の脱毛・・・6カ月〜1年様子をみて、抜け毛が落ち着いてからの施術をオススメ。出産後一時的にホルモンバランスが崩れることにより脱毛。妊娠後期は、女性ホルモンの分泌が増加することで毛周期が長くなるため抜け毛が減少し、産後、女性ホルモンのバランスが戻る事で長くなった成長期の毛髪が一気に休止期に入り、抜け毛が増加します。産後2か月位から脱毛が始まり6か月位まで続きますが、通常1年以内に抜け毛は収まります。 

円形脱毛症・・・精神的なストレスによる自己免疫疾患が一番の原因と言われていますが比較的治りやすい脱毛症。頭皮の環境を整え、脱毛部分から少し離れた健康な地毛の選び隠す程度での施術なら状況を見て行えます。                 

結束性の脱毛症・・・ポニーテールなどのヘアスタイルで毛髪が引っ張られることが多い方に起こる脱毛症。施術を行った場合は、頭皮や根本に負担がかかるため緩めのゴムの使用や結び方の工夫が必要です。

2.髪の毛を増やす方法は他に何があるの?

エアエクの施術の方法は、健康な地毛を選び1本に2〜4本のファイバー毛を結んでいきますが、増毛を行う手段は他にもあります。

 

育毛・・・今ある毛髪をしっかりと抜けないように育てていくことです。脱毛の予防も含め、頭皮環境を整えることが必要不可欠となります。

発毛・・・様々な原因により脱毛状態になってしまった髪の毛を、養毛剤や病院処方の薬を一定期間投与する事により増やすことです。

増毛・・・現在ある毛髪に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使って人工毛を地肌に貼り付ける事で髪のボリュームを出すことです。

かつら・・・髪型を変えるために被る髪のことです。

 

3.髪の毛を増やす方法のメリットとデメリット

脱毛や薄毛の悩みは様々で、それに伴った解決法を探すと思いますが、それぞれの技法によってメリット・デメリットがあります。よく理解をした上で、自身に最適な技法を見つけましょう。

 

◎育毛

メリット・・・・頭皮環境が整う事により自身の毛髪が抜けにくくなる。            

デメリット・・・毛髪が生えたり増えたりするわけでなく、現在ある毛髪を抜けにくくするので、毛髪自体は増えない。

◎発毛

メリット・・・・自身の毛髪が増えるので自然で理想的。

デメリット・・・効果が見えにくい、効果を実感するまでに時間がかかる、病院などで診断後薬をもらうこともできるが、保険がきかない為高額な上、実費になる。薬の副作用による人体へのリスクが高い。

◎増毛

メリット・・・・地毛になじみやすい、人に気づかれにくい、量や色の調整がしやすい、予算の都合に合わせてできる。

デメリット・・・毛髪のない箇所には増やせない、毛周期に伴い抜けてしまう。

◎植毛

メリット・・・・自然で抜けにくい、毛髪の無いところに増やせる。

デメリット・・・本数や植えるところに限りがある、皮膚を切り直接毛根を皮膚に埋め込むため、痛みも伴いリスクが高い。一度植え付けた毛は残るが他の自身の毛が抜けていくため、最終的に毛量がバラバラになってしまう。

◎かつら

メリット・・・・一度に多く増やせる、自身で装着可能、必要な時のみ増やせる。

デメリット・・・毛質や耐久性の問題により不自然、価格が高い、メンテナンスに費用がかかり続ける

 

 

エアエク(増毛)の技術は特に見た目を自然に変化させることのできる美容法です。他にも頭皮、脱毛の状況や金銭的な環境により、マッチングする技法が様々ございますので、よく理解をした上で自身に合ったものを選び、見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。