デザイン

表参道のマツエク事情・流行2017年夏!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容の流行が生まれる最先端を走る表参道!まつげエクステ今年夏の流行は??

おしゃれの流行が1番に生まれる街、表参道。ファッションやメイク、ヘアーなどおしゃれの流行が生まれる場所でもあり、世界一エリアとして美容室の割合が多い街とも言われています。そんな流行生まれる表参道のエリアで、今年の夏はどのようなまつげエクステがトレンドなのでしょうか。最新のマツエク情報をお届けします。

 

1.最近のまつげエクステの人気の高いメニューは??

ここ最近の流行として、少し前からメイク全般ナチュラル寄りのテイストが好まれるようになっています。ファンデーションの塗り方もより素肌に近い見せ方や、チーク、シャドウの入れ方も色合いが柔らかかったりなど、盛ったメイクをする傾向が少なくなっています。

まつげエクステも同様で、以前は付け放題といったメニューが人気だったのですが、メイクがナチュラル志向になってきたあたりから、まつげエクステも細く、長さは少し短く、本数少なくといったオーダーが増えていました。

ですが2017年のここ最近の流れとしては、3Dラッシュという極細0.07mmのエクステ3本で1束を付けて、全部で300本以上に仕上げる、という流行になった3Dラッシュのメニューが大人気となっています。極細の自まつ毛に近いようなエクステをたくさんつけることによって、自然な毛がたくさん増えたような、ナチュラルだけど主張があるような目元に仕上がるデザインが人気となっています。

 

2.3Dラッシュ好きにオススメ?トリコになるボリュームラッシュ

極細の3Dエクステを沢山付けて、ナチュラルだけどボリューム感が欲しいという方に好まれるメニューがあります。実際は同じイメージになりますが、0.1mmほどの太さのエクステを、自まつ毛1本に2〜3本、自まつ毛の状態に合わせて付けていくボリュームラッシュです。

3Dラッシュは元々3本で1束という状態のため束で付けていくので、自まつ毛の状態や太さを変えるなどの応用が難しいところがあるのですが、1本に2〜3本を付けていくボリュームラッシュは、目元の部分によって、また自まつ毛の太さによって付ける量を変えたり太さを変えたりすることができるため、よりオリジナルなデザインを作ることができます。また同じく細いエクステを沢山(両目200〜260本)付けるため、ナチュラルだけどボリュームがある目元を作ることが可能となります。目を開けた時の感動の声が大きいのも事実、一度試すと虜になる方が多いメニューです。一度お試しすることをぜひオススメします。

 

3.ブラウンエクステもまだまだ大人気

女性らしい優しい印象で目元全体が柔らかく見えるように、ブラウンのまつげエクステを全体につけるメニューもまだまだ人気です。黒いエクステですと、目元がはっきり華やかさが出てきますが、ブラウンのエクステをつけることによって、目元に柔らかさが出てきますので可愛らしい印象を与えることができます。ブラウンといっても、赤み、黄色み、こげ茶など色々なブラウンがありますので、お肌に合わせるのか、印象で変えるのかなどじっくりカウンセリングでカラーを決めましょう。ブラックとハーフで混ぜてみるのもオススメ!毎回カラーテイストを変えてみるのも楽しいかもしれませんね!

 

 

4.ファッションの一部に取り入れられているカラーエクステ

春夏に向けカラフルなファッションが増えていく流れで、まつげエクステもカラーをうまくMIXして取り入れる方も多くなっています。最近では、2種類ぐらいのカラーを混ぜつつ、ブラックと掛け合わせてつけるデザインも多く出るようになりました。またイベントに向けエクステを楽しむ方も多いです。夏は野外イベントや海でのイベントも多いため、ポップなカラーを選ばれる方が増えます。

またまつげエクステは落ちないことから、メイク崩れを防ぐことができる一つのアイメイクの手段となります。特に海やフェス、旅行などへ行く前に付けて行くことをオススメできるアイテムです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

表参道・自由が丘のまつエクサロン R.Grace

望み通りのデザインを叶える種類豊富なまつげエクステ


人の第一印象は目で決まります。

美しい、可愛らしい、知的な印象、かっこいい女性など、アールグレイスでは、自然な印象も派手な印象も、あなたの望み通りにデザインし、最大限に女性の魅力を引き出すお手伝いをいたします。

あなたのための、あなただけのデザイン。

あなたが求める女性像に近づける魅力的な目もとを演出いたします。


ホームページはこちら

SNSでもご購読できます。